エステサロンと医療機関の脱毛の明確な違い

ムダ毛のお手入れは、エステサロンだけでなく美容皮膚科などの医療機関でも受けることが出来ます。これらのお手入れには明確な違いがあり、医療機関で受ける施術は医療レベルの出力で行われているのです。施術時の出力に違いがあると、その他の面で一体どんな違いが生じるのでしょうか。基本的にこれらの施術で行うのは、毛根にある毛母細胞に対する毛の再生能力の阻害です。光やレーザー、電気針などを使用することで毛母細胞に対してダメージを与えることが出来ます。そしてダメージを加えられた細胞は毛の再生能力を阻害され、これまでのように順調に毛を発生させられなくなっていきます。これによって得られるのが脱毛効果なのです。そしてこの施術の際の出力は、そのまま細胞へのダメージの度合いへと変わってきます。出力が高い施術の方が細胞へのダメージも大きくなります。その為毛の再生能力が大きく削られ、強い脱毛の効果が得られるというわけです。医療機関での施術は、毛母細胞の破壊を可能にする場合もあります。つまり、永久的に毛が生えて来なくなる効果が得られるのです。それに対してエステサロンの場合は比較的低い出力で施術が行われます。と言ってもその分施術回数を増やすことで効果を高めており、エステサロンで施術を受ける場合でも時間を掛けることでムダ毛を減らすことが出来るようになっています。